今年もついにこの季節がやってきました!季節ハタハタの接岸!
11月末から情報収集しながら様子を見てたんですが、チラホラと釣果が出てきたようなので今週末はいけるか!?と、イチかバチかで行ってきました。



こっち(太平洋側)の人にはあまり馴染みがない魚ですが、どういう魚かというと・・・


・以下抜粋:
鰰(はたはた)の名前は魚へんに神と書いて「鰰」(はたはた・ハタハタ)と読みます。これは雷神の古名とされ「霹靂神(はたたかみ)」に由来していると言われています。 その昔、冬の厳しい日本海沿岸の貧しい漁村の人々にとって、冬の季節の訪れに轟く雷(神鳴り)と共に突然海岸にうちよせる獲りきれないほどのハタハタの大群は、雷神様がつかわした魚と信じられ、ありがたい魚として鰰(はたはた)と呼ばれるようになったと言われています。
http://www.nakatsu-uoichi.co.jp/fish/name/backnumber/201106.html


一旦時化が入ったので少し回復したかな?





ツ抜けはできなかったけどサイズも型も少し回復。
レンジは完全ボトムオンリー。
目視できるレンジまでは浮いていなかったです。

小規模な群れがたまに通り過ぎてパタパタ釣れてしばらく釣れなくなるの繰り返し。
以上、定期調査でした。


今回はCDJ9でクロソイ狙ってみた。
ラパラのレジェンド的なミノーであるCD9のジョイントバージョン。
バルサミノーなので飛距離は出ないしデザインは古臭い、でもなぜか釣れるからロングセラー。
普通のCD9よりちょっと水掴みが強いような巻き心地。



ふらりと半崎で30分ほど竿を出してみました。

短時間勝負なので、もったいぶらずにいきなり本命ポイントへキャスト!
一投目でいきなり30アップのクロソイがヒット。



今年の春に何回かカレイ釣りの記事を書きましたが、今年はカレイ釣りにもチカラを入れようと思ってたんで秋のカレイ釣りをしてきました。
投げ釣りの情報って最近はあまり入ってこないので、釣れるかどうかわからなかったんですが、夕マズメのゴールデンタイムであれば確率も高かろうという訳で夕まずめピンポイントで行ってきました。

自分のカレイ釣りは基本的に30分ルールで行います。
アタリがあっても無くても30分待つ、30分経つまでは絶対に竿を上げない。
逆にアタリが無くても30分経ったら竿を上げて餌を付け替えるみたいな感じです。
まぁ状況、釣れ方によってルールが20分になったり15分になったりもしますが基本は30分です。

釣りを初めて1ターン目の竿を上げる時、なんかついているような気もしたんですが、根に入られて仕掛けをロスト。
そして2ターン目で初のヒット!


ブログ内検索

潮見表

RSS

RSS 2.0

YouTube

バーコード

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PAGE TOP