去年は日本海河川が不調ということもあり、とても賑わっていた閉伊川ですが今年はどうなんでしょうか?
去年行った時は人の多さに驚きましたが、人が多くてもそれなりに釣れるので今年も行ってみることにした。

オトリ屋さんの情報では下流・本流はいまいち、刈谷川も微妙って言ってましたがとりあえず川見も兼ねて刈谷川を覗いてみた。


1日に馬淵川解禁、本日7月7日に久慈川解禁、14日が小本川、8月1日が安家川解禁と県内の鮎釣りが徐々に解禁し始めたわけですが、今年度の初鮎釣りに行ってきました。

まずは午前中に久慈川、種鮎を2匹購入してまずは下流のチャラ瀬で野鮎を数匹確保して上流に向かおうという作戦だったんですが・・・

久慈川釣れない!
雨の影響もあり水温も上がらずってのが原因だと思うんですが、鮎はいるけど追いがない。
釣れないけど目印にはアタックしてくる、目印に針付けたら釣れるんじゃね?ってくらい釣れない。

粘れば数匹は釣れる地合いが来るとは思うけど、これでは結果は見えていると思い、天気予報を検索して晴れてるところを探す。
浄法寺、安代の方は晴れているようだったので馬淵川水系の安比川に大移動で移動時間も考慮して午後からに賭ける!

安比川はこれと言っていい思いをしたようなところは無いんですが、県内トップクラスの放流量なので晴れてれば釣れないことは無いだろう。

ポイント選びは適当ですが、自分の釣り方が基本釣り下がりでの拾い釣りなので、どしっと構えて竿並べてるところは避けて、足使っても人がいなくて縦横無尽に移動でいるようなサラ場を探す。
安比川は間知ブロックの両護岸の所が多くて入れる所がほぼ決まっているがその分入りにくいところも多い。
そういったところを探して、入れるところから足を使って入る。

入ったところはいい感じのザラ瀬でとても無難なポイントだった。
引き釣りに近い泳がせで竿を下流に向けて左右に探りを入れる釣り方で数匹確保し無事今年の鮎解禁を迎えた。

その後なるべく水質が良い所で釣りをしたいというのもあり上流域に移動したが、ハズレポイントだった。


先週の釣果なんですが忘れないうちに書いときます。
安家川源流域を渓流ルアーしてきました。
時間は14:00~18:00くらいだったと思います。
最盛期+雨、しかも源流という釣れない訳がないコンディションだったんですが、まぁ予想通り釣れました。





釣れないのはほぼわかっているけど、万が一もしかして!を期待して6月解禁の十和田湖サクラを狙いに行ってきました。

相変わらずロケーションだけは最高です。



この景色で竿を出せるから釣れなくてもまぁ少しは許せるような気がします。



朝4時開始で以前から朝マズメに攻めてみたかったところへ入渓してみた。
先行者無しでの釣れ具合を見てみたかったってのもある。
上流に行けば行くほど、水量が少なくなればなるほど釣り人のプレッシャーの影響を受けやすくなるので、一人でも先行者がいれば釣果は絶望的に悪くなる。
だから朝4時入りした。





使用ルアーは基本はDコンタイプ2、普通のDコンよりタイプ2のほうが好きだったりします。

魚の反応は極めて良く、特に薄暗い内はチャートグリーンが視認性も追いも良かった。




ブログ内検索

潮見表

RSS

RSS 2.0

YouTube

バーコード

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

PAGE TOP