クロソイシーズンの真っ只中ということで、クロソイ狙いでナイトロックしてきました。
今の時期なら簡単にルアーで狙える魚なので、普通に釣っても面白くないと思い、今回はミノーで漁港内限定という縛りでやってみました。

クロソイ狙いといえば普通はワームとか電気ウキとかブッコミの餌釣りが主流ですが実はミノーでも釣れる魚なので狙ってみると面白いもんです。
ただし、ワームよりは難易度高めです。

ミノーはシーバス用でもトラウト用でもなんでもいけます。
今回は自分が好きなラパラのCD9やサクラ用のミノーなんかを使いました。

やり方はフローティングなら投げて巻く、シンキング使う時は投げて沈めて巻く、以上!
巻いていると、コツコツと時折弾くようなアタリがありますが、それは大体小さいやつなので無視して巻き続けます。
それなりの大きさ(20㎝以上)のやつであればティップが絞られるようなバイトが来るので、すかさず合わせを入れてフッキング!


前回のヤリイカ釣行から半月ほど経ち、ヤリイカの調子はどんな具合になってるかと思い、また行ってきました。




前回の釣行から1周間が経過、1週間もすれば状況も変わっているはず。
前に釣れなかったとこで釣れたり、釣れてたとこで釣れなくなってたり。

今回は4時に現地着、まだ真っ暗ですが、結構な人数がすでにスタンバっている様子。

夜明けの十和田湖もまた幻想的で綺麗だ。





仕事終わりからのおかず調達に今年初のヤリイカエギングしてきました。

20:00~21:00
本波漁港にて

いつも通りLEDライトでイカ寄せてカウント1、2、3、4、5、6、7、8、9、10シャク、シャク、シャク、1、2、3、4、5、シャク、シャク、1、2、3、4、5、シャク、シャク、1、2、3、4、5、ぎゅっ!

みたいな感じで1杯目はすぐに釣れた。
釣ると、途中まで一緒にいたイカがついてくる。
どうやらそこそこの群れが接岸しているようだ。




10月に入り渓流シーズンは禁漁期に突入、と同時に十和田湖が解禁したのでヒメマス釣りに行ってきました。

十和田湖へは久慈からは約2時間ちょい、朝の3時半に出発して6時前に到着。




一年ぶりに立つ十和田湖の湖畔は、地元でもないのに妙に落ち着いて懐かしい雰囲気があります。冷たい水に入水して、水と森の匂いが混ざった何とも言えない空気がとても爽やかな気持ちになります。

ブログ内検索

潮見表

RSS

RSS 2.0

YouTube

バーコード

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PAGE TOP